トイレリフォームのポイント ~掃除しやすくいつもピカピカ『床材の選び方』~ | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

トイレリフォームのポイント ~掃除しやすくいつもピカピカ『床材の選び方』~

1日に何度も使うトイレは、汚れやすい場所です。トイレ掃除で大変なのは、便器と床掃除ではないでしょうか。

特に床は、便器奥の手の届きにくいところも掃除しなければならないので、とっても大変!水分を含んだホコリが溜まりやすく、こびりついてしまうこともありますよね。
放置しておくと、匂いの元になってしまいます。

トイレリフォーム掃除がしやすい床材の選び方

頻繁に掃除しなければならないトイレの床ですから、リフォームする場合は『汚れにくく簡単に掃除できる床材』を選んではいかがでしょうか。

今回は、掃除が楽になる床材を紹介します。

 

トイレにも使えるフローリング

トイレリフォームの際、フローリングを希望する方が多くいらっしゃいます。

ほかのお部屋と雰囲気を合わせたいという理由が多いようですが、従来のフローリングは水回りには不向きでした。

木を使うフローリングは水に弱く、アンモニアや洗剤の付着により傷みやすかったのです。

しかし、最近はトイレなどの水回りにも使えるフローリングが登場しています。

表面に特殊な加工が施されているため、水や汚れに強くシミになりにくいのが特徴です。

また、便器周辺のつなぎ目をなくした大判のサイズもあり、お手入れも苦になりません。

 

メンテナンスが簡単なセラミック

湿気に強く、傷がつきにくいセラミックタイプの床材もあります。

剥がれや色あせの心配がなく、耐久性にも優れているので、日頃のお手入れは水拭きだけで十分です。

便器周辺だけをセラミックにしたタイプもあり、ほかの床材と組み合わせて使用するのも良いですね。

 

安くて水に強いクッションフロア

クッションフロアは、素材がビニール製なので水に強くメンテナンスがとても楽です。

安価で簡単に施工ができ、色や模様のデザインが豊富です。

例えば、フローリング風のクッションフロアは、リアルな作りなっています。一見すると本物のフローリングのようです。

抗菌・消臭機能の付いた製品もあります。

ただし、他の物と比べると劣化しやすい欠点があります。

 

まとめ

掃除が楽になるトイレの床材を紹介しましたが、いかがでしたか?
掃除がしにくいなどのお悩みがある場合には、思い切って床材の貼り換えを検討してみましょう。

リフォームの際は、それぞれの特性を理解したうえで、希望のデザインと機能を持ち合わせた床材を選んでくださいね。

2019年10月15日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス