いつするの?適切なタイミングで屋根をメンテナンス | 地元で創業50年。口コミ・紹介も多い、安心リフォームのダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

いつするの?適切なタイミングで屋根をメンテナンス

屋根材は種類によって塗装の必要性や時期などが異なります。
ご自宅の屋根材の種類と年数から、今どんなメンテナンスが必要なのかを見てみましょう。

 

<塗装が不要の粘土瓦>

日本で古くから使われている粘土瓦は、成形した粘土を焼いて作られたものです。

耐久性が非常に強く、塗装などのメンテナンスが不要とされています。
一方で地震などで瓦が割れたりずれたりすることがあります。
土台や漆喰(しっくい)部分の点検は時々行うと良いでしょう。
瓦は1枚から交換できます。

 

<セメント瓦は塗装でひび割れを防止>

セメント瓦はセメントと砂を混ぜて成形したもので、厚型スレートやコンクリート瓦とも呼ばれています。

表面の塗装が落ちるとセメントが剥がれてしまい、ひび割れなどが起こりやすくなります。
耐久性を保つためにも15年ほどを目安に塗装を行うとよいでしょう。
葺き(ふき)替えは、30~40年で行うのが一般的です。

 

<スレートは塗装で防水性アップ>

スレートは軽くて安価なため、新築で最も用いられる屋根材です。

表面の塗装が落ちると防水性能が下がるので、10年を目安に塗装を検討しましょう。
葺き替えまたは重ね葺きの目安は25~30年です。

 

<軽くて耐久性が高い金属屋根>

ガルバリウム鋼板でできた金属屋根は、耐久性が高いのが特徴です。
軽量のため重ね葺きでもよく用いられます。

塗装は20年ほどで行うのが一般的です。

 

<新しい屋根材は耐久性がアップ>

定期的な塗装が必要な従来型の屋根材でも、最近では性能や耐久性が向上し、塗装の頻度やメンテナンスの手間を大幅に省いた製品も登場しています。
また。長寿命で耐久性に優れた新しい屋根材も登場していますので、葺き替えの際はそちらもチェックしてみましょう。

 

 

◆◆漆喰(しっくい)とは?◆◆◆
壁・天井などに使用される塗料。石灰に粘土などをねり合わせたもの。

◆◆◆葺くとは?◆◆◆
板・茅(かや)・瓦(かわら)などで屋根をおおうこと。

◆◆◆葺き替えとは?◆◆◆
既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材で葺き替えること。

2018年10月9日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス