地震・津波から家族を守る【減災リフォーム】 | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週日曜日、第2・4月曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

地震・津波から家族を守る【減災】リフォーム

減災のためのリフォーム工事

 

減災リフォームとは?

【減災リフォーム】って何?【耐震工事】とはどう違うの?
そんな疑問が出て来るでしょうか。

【耐震工事】とは【耐震度】を上げるための工事です。
新しく壁を造作したり、筋交いや柱を増やしたり、壁の中で金具を取り付けたりと、壁を壊して行う工事が多いため、大がかりになります。もちろん、その分、費用も掛かります。

【減災リフォーム】とは【耐震度】は上がりませんが、実際の【安全性】を上げるための工事です。
文字通り地震の時に【災害を減らす】リフォーム工事です。

【減災リフォーム】の一つをご紹介します。
地震の時に家屋の倒壊を防ぐ金具です。
壁を取り壊したりせずにできる工事なので、手軽にお家の【安全性を上げる】事ができます。

 

減災リフォーム 『かぞくまもる』の施工例

地震の時に、揺れによって柱が基礎からすっぽ抜けてしまい(ホゾ抜け・分離と言います)、家屋が倒壊するケースが多いです。
そこで、柱と基礎を緊結する【後付けホールダウン金物】を住宅の外側から設置します。
ダイコウでは【かぞくまもる】という製品を使っています。

家屋の端の角に柱、特に通し柱が入っている事がほとんどです。
家屋の角・角で後付けホールダウン金物【かぞくまもる】を設置します。

 

設置した様子です。
この【減災リフォーム:外付けホールダウン金物】には多くの利点があります。
家の外側からボルトで取り付けるので、穴の径がが小さく柱に対する負担が少なく済みます。
この様に、基礎と柱をつなぎとめるので、ホゾ抜け防止効果絶大です。
壁を壊さないので、工期を短縮できます。

今回はオプションのカバーを取り付けました。
外壁の色に合わせて4色から選択可能です。

地震が来たら倒壊が怖い、でも耐震工事は高そう・・・・
そう躊躇していらっしゃる方は、是非【減災リフォーム】をご検討下さい。
ご自宅の図面をご用意して、ダイコウにご相談下さい。
ご相談は、このホームページの【お問い合わせ】からどうぞ。
お電話でも受付しております。

2021年07月20日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
動画で確認!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス