停電時にトイレを流す方法をご存じですか? | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週日曜日、第2・4月曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

停電時にトイレを流す方法をご存じですか?

最近のトイレリフォームでは、ウォシュレットのリモコンボタンで【流す】機能があるタイプにされる方が多いですね。
「でも、停電になったらトイレが流せなくなるのでは?」とのご質問も良くあります。
先日も、トイレリフォームご検討の海老名市のお客様よりご質問がありました。

停電の時には、ウォシュレットの機能やリモコンでの便器洗浄ができませんが、断水していなければ流す方法があります。
TOTOの製品を例にご説明しましょう。

タンクにレバーハンドルが付いているタイプは、レバー操作で流します。
棚の中にタンクが隠れているタイプ(レストパル)は、棚の一部を開けると小さなレバーなどがあり、流すことができます。

では、タンクレスなどウォシュレット一体型便器ではどうでしょう。
便器の一部のカバー(大抵横の部分)が外せるようになっていて、パネル内に【手動レバー】があります。【レバー】ですが、形状は輪っかを引っ張るタイプが多いです。

もし、分からなくても【便器に直接 水を流し込む方法】があります。
ちょっとコツがありますので、ご説明します。
・まず、便座 便ふたを上げます。
・次に、バケツ一杯(6~8L)の水を(水撥ねに注意しながら)一気に流し込みます。
・さらに、3~4Lの水を静かに流します。
排水管の途中に汚物が停滞する音を防ぐ為に、2~3回に一度は多めの水で流して下さい。

停電になっても断水していなければ、慌てず この手順を思い出して下さい。
もし、停電後に断水する可能性がある場合には、水が使える内に【トイレ用に浴槽に水】を張っておきましょう。

2021年03月30日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
動画で確認!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス