屋根の不具合を指摘する訪問業者が来たら…… | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週日曜日、第2・4月曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

屋根の不具合を指摘する訪問業者が来たら……

この関係の記事は、今までに何度も書かせて頂いていますが、
ご相談が絶えないので(むしろ増えています)、再度掲載する事にしました。

 

訪問業者から声を掛けられた事はございませんか?

戸建にお住まいの方は、「訪問業者がやって来て屋根の不具合を指摘された」というご経験がおありではないでしょうか。
その時、どのような対応をされていますか?

 

訪問業者の台詞は不思議なくらいに同じ

「近くで屋根に上がっていたらお宅の屋根が見えて、お知らせした方が良いと思ってきました」
「今、ご近所で工事をしていたら、お宅の屋根が浮いているのが見えました。丁度近くに来ているので、無料で見てあげますよ。補修工事もついでだから特別に安くできますよ。本来なら、やらないんですけれど、道具も持っているし、せっかくだから」

お電話で相談されたお客様に、こんな風に言われましたか?とお聞きすると
「全く同じ言い方でした!近くに来ていて見えた、とか。ついでだから格安とか…」

指摘されたら、どうすればいい?

まずは【屋根に上がらせない】事です。
訪問業者は「直ぐに見れますよ。このままにしておくと雨漏りしかねませんよ!無料で見ます」と畳みかけて来ます。

断る魔法の一言

うちには決まった業者がいるので、そこで見て貰います。」とハッキリと断りましょう。
この言葉は、ご近所さんから「今、うちに来ている屋根屋さんが、お宅の屋根が気になるって言っているけれど、見て貰ったら?」と言われて困った時にも使えます。

どうして訪問業者を屋根に上げてはいけないか
全ての訪問業者が悪いとは言いませんが、警戒して損はありません。
実際に、お客様が訪問業者を屋根に上がらせてしまった後でダイコウで無料診断をしてみると、人工的な損傷がある事も多いのです。

人為的と思われる屋根の損傷

スレート屋根の棟押さえです。(訪問業者さんが「釘が浮いています」「板金が浮いています」と言う箇所です)

釘の周りに白い傷がついています。
これは、釘を人為的に抜こう、浮かそうをして工具を使い、棟板金に工具が当たった痕です。
自然災害では、この様な傷は付きません。
屋根工事でも、一度ちゃんと打った釘をわざわざ浮かせるでしょうか。【否】です。
経年劣化ではどうでしょうか。この家屋は2019年に鋼板屋根を被せているので、経年劣化は考えられませんし、経年劣化の場合、他の場所も同じように劣化症状が見られます。

では、どうしてこのようになったのか……
一番考えられるのは……訪問業者が上がってから工具を使って釘を浮かせた……
訪問業者がお客様に提示した写真では、角度が違って傷が見えない様に撮れていた、との事でした。

他に、ダイコウが遭遇した人為的屋根の被害としては【棟押さえの曲がり】です。
人が力で曲げた棟押さえと、強風などで曲がった棟押さえの形状は全く違います。
見ると「あぁ、これは曲げたな」と分かるのです。

釘が浮いていても、棟押さえが曲がっていても、それが人為的であるとわかれば火災保険の利用は出来ません。お客様が自費で直さなくてはなりません。余計な出費ですし、ご自宅を痛められたのです。

そんな被害を防ぐには、口酸っぱいようですが、しつこいようですが……

【知らない業者には屋根に上がらせない、家の中に入れない、敷地内に入れない】
が大事です。
(床下点検と言って室内に入って来る者、外から調べましょうと敷地内にどんどん入る者がいます)

ダイコウでは、ここ数年のお問合せが多く、無料屋根点検を行っております。
ホームページでもご案内しています【こちら】

先日のような強風の後でも、訪問業者が増えますのでご注意下さい。

2022年02月22日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
動画で確認!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス