雨漏りのサイン?台風や大雨の前後は屋根と外壁をチェック | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

雨漏りのサイン?台風や大雨の前後は屋根と外壁をチェック

台風や大雨、地震などの災害が発生すると、屋根や外壁の安全性が気になりますよね。雨漏りし始めたり、天井や壁にシミを見つけた場合は、すぐに対処することをおすすめします。

今回は、台風や大雨などの災害前後の住まいのチェック箇所を紹介します。

 

天井や壁のシミは雨漏りのサイン

雨漏りは、天井や壁の内部を複雑に伝わりながら侵入するので、気づかないうちに被害が広がっていきます。侵入口は屋根なのか、外壁なのかなども調べる必要があります。

天井や壁のシミは、侵入した水が見えている状態ですが、必ずしも目に見える場所に起こるわけではないのが、雨漏りの厄介なところです。

侵入した水は、やがて木造部分を腐食させ、金属部分を錆びさせることになります。

もし、住まいにシミを見つけた場合はすぐにご相談ください。

 

瓦のズレや割れはすぐに補修

瓦は、台風や地震の影響で、ズレや割れが起こりやすいものです。

わずかでも不具合を見つけたら、すぐに補修をしましょう。放置していると危険ですし、雨漏りの原因にもなります。

最近では、防災瓦と呼ばれる自然災害に強い瓦も登場しています。瓦同士をがっちりとかみ合わせる構造で、地震や強風でも落下しにくく安心です。

 

台風の前後に雨どいの掃除と点検をしましょう

雨どいの点検は、建物の劣化を防ぐうえで重要です。

雨どいには、雨水を排水管から排水口に効率よく水を流し、外壁や軒先への雨水の侵入を防ぐ役割があります。

雨どいにゴミや落ち葉が詰まったり、破損していると排水がうまくできず、雨漏りや外壁の腐食の原因になってしまうこともあります。

定期的な点検や掃除だけでなく、傷みが激しいところは早めに交換しておきましょう。

 

屋根と外壁の塗り替えはしていますか?

耐久性が高く塗りなおしの必要がない瓦に比べ、金属屋根やセメントが主原料のスレート屋根は劣化を防ぐためにも10年毎に塗り直しが必要です。

外壁も、塗装による保護がないと劣化しやすいので、10年毎の塗り直しが一般的です。

屋根と外壁のリフォームには、足場を組む必要があります。屋根と壁のリフォームを同時に行えばコストを減らすことができます。

 

スレート材ならカバー工法で屋根を一新

屋根の劣化状況によっては、今ある屋根材を撤去し、新しい屋根材に葺き替えが必要な場合があります。

スレート材の場合、葺き替えとは別に、既存の屋根の上から新しい屋根材をかぶせる「カバー工法」という選択肢もあります。古い屋根材の撤去や処分の必要がないため、工期が短く、費用も抑えられます。また、塗装よりも耐年数が長くなります。

ダイコウでも、カバー工法でのリフォームを施工していますのでご相談ください。


施工事例「塗装が出来ない屋根材にはカバー工法で 海老名市

 

 

2019年07月27日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス