塗装が出来ない屋根材にはカバー工法で 海老名市 | 地元で創業50年。口コミ・紹介も多い、安心リフォームのダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

塗装が出来ない屋根材にはカバー工法で 海老名市

屋根材には色々な物があります。
今回は海老名市での屋根工事をご覧ください。

まず、施工前です。

 

 

 

 

 

 

 

現地調査で、既存屋根材が薄くミルフィーユ状に剥がれているのを確認しました。。
当時に建築された戸建の多くに葺かれている屋根材です。
この屋根材は、塗装が出来ません。
塗装しても、塗面の下でミルフィーユ状の剥がれがあるので、塗装が役に立ちません。
塗面が一緒に割れてしまうからです。
では、どうやって屋根のメンテナンスを行うか?という問題ですね。
この屋根材の場合には、上から重ね葺きをする【カバー工法】を行うのが一番です。
カバー工法なら、既存屋根材の撤去に掛かる【時間・お金】が節約できるからです。
(瓦葺きの場合には、カバー工法が出来ないので【葺き替え】になるのですが、
既存瓦の産業廃棄料も結構かかるんですよ。)

棟板金を撤去します。

そして、ルーフィング(屋根材の下に敷く防水性のあるシート)

 

 

 

 

 

 

 

ルーフィングは屋根からの雨漏れを防ぐための重要な材料です。
しっかりと敷きます!
このルーフィングは粘着性の物を使います。

 

そして、新しい屋根材を葺きます。綺麗に仕上がりました。
立体感ある陰影を演出するグラデーションが深みのある表情を屋根に与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、旭ファイバーグラスの【リッジウェイ】を使用しました。

【リッジウェイ】は
柔らかく割れにくい素材なので屋根材が割れる心配が無く、雨音の軽減にも有効です。
防水性、耐風性にも優れている上に、色が長もちします。
重量は瓦の約1/4、化粧スレートの約1/2と軽量のため、建物への負担が少なく耐震性に優れています。
リッジウェイのもつ軽量性、柔軟性を生かして、化粧スレート屋根材のカバー工法で良く使用されます。
標準カラーが5色あり、ご自宅の雰囲気に合わせてお好みの色が選べます。

屋根のメンテナンスで迷われたら、ダイコウにご相談下さい。
現地調査の上、ご自宅に合ったメンテナンスを色々とご案内いたします。

2019年04月10日
1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス