手すりのバリアフリー工事と海老名市の助成金について | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1丁目18−32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
受付時間:午前9時~午後5時
定休日:毎週日曜日、第2・4月曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

高齢者に必要な自宅の手すり取付・バリアフリー工事【助成金の活用】

住み慣れた家でも、自分が年齢を重ねていくと、ちょっとした段差や体の移動が難しくなってくることがあります。今まで手すり無しでも気にならなかった場所も、必要な所に早目に取付をしておくと安心です。怪我をして手すりがなくて困ってしまったという事もよくあります。

毎日の生活の中で、どこに取り付けたら快適で安全になるかを検討してみてください。玄関に入るまでの外階段や、玄関に入った上り口、お風呂場の入口、浴槽に入る時の手すり、トイレの立ち上がりの補助となる手すり・・・改めて考えると、毎日の生活で手すりがあったら安全に快適にできる場所は多くあります。

そんな時、ご家族で検討してほしいのが、住まいのバリアフリー工事。安全に安心して暮らせる住まいになるように、リフォーム工事を施すご家庭は増えています。

今回は、最近ご相談が多い『手すり』のバリアフリー工事と海老名市の助成金についてご説明します。

■バリアフリー工事で多いのは手すりの取り付け

 手すりのバリアフリー工事001_2-thumb-200x176-1273

高齢者にとって転倒による骨折は最も避けたいもの。

生活動線を確認して、優先度の高いところから施工するのがいいと思います。

手すりの形状は、棒状のI型やL型などがあり、利用者の状態によって選別していきます。握りやすいように裏面を加工した手すり(ディンプル加工)や、抗ウィルス加工された手すり(ビオタスク)などの機能も選ぶことができます。

取り付ける場合は、下地を入れないとご希望の位置に取付できない場合もあります。クロスの張り替えをする際、下地補強も施しておいた方がいい場合もあります。

緊急でない場合は、適したタイミングをアドバイスさせていただくこともあります。

■介護保険における住宅改修費の助成金

介護保険による住宅改修の助成金は、要介護や要支援の認定を受けた場合に利用できます。

上限は20万円で、対象工事の1割、2割または3割の自己負担になります。

対象となる工事はこちら。

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消(浴室含む)
  • すべり防止のための床材の変更
  • 引戸等への扉の取替え
  • 便器の取替え
  • その他、上記の工事に付帯して必要な工事

高齢者の場合、バリアフリー工事をおこなうことで、自力での生活に意欲を示したり、交通事故より多いといわれる家庭内での事故を防ぐことができます。
お年を召してからあわてて計画するよりは、事前に相談できる人と一緒に計画しておくのも1つの方法だと思います。
弊社の方でも情報を発信していけたらと思います。
バリアフリー工事が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

海老名市・綾瀬市・座間市・厚木市の皆さま、お待ちしております。

各種のリフォームの施工事例は下記リンクよりご確認ください♪
キッチンリフォーム   浴室リフォーム  洗面リフォーム  トイレリフォーム
外壁塗装  屋根工事  外まわりリフォーム
内装・収納リフォーム  増改築  マンションリフォーム

【更新日】2024年02月17日 【公開日】2023年11月16日
| カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
動画で確認!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス