フローリングのちょっとした傷を補修する方法 | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

フローリングのちょっとした傷を補修する方法

フローリングのキズを補修する方法

フローリングのちょっとしたキズや凹み、気になりますよね?

小さなキズは、生活に支障はないけれど、意外と目に付くものです。キズ程度であればご自分で直したいと思っている方は、ホームセンターで購入できる補修キットを使って、補修してみてはいかがでしょうか。

今回は、フローリングの小さなキズや凹みの補修方法を紹介します。

 

自分で補修できるキズの種類

ひっかきキズ フローリングひっかきキズ 細く基材が見えてしまっているキズ。
凹みキズ 椅子を引いたり、重いものを落とすことによるキズ。
木目は残っている。
えぐれキズ 木目が消えてしまっていて、大きくえぐられてしまい、ささくれてしまっているキズ。
すりキズ 表面のクリア層が白く擦れていたり、少し色が取れているキズ。

フローリングでは、これらのキズはご家庭でもよく見られるものです。

小さく目立たないキズならば、補修するのにあまりお金をかけたくない場合や、自分で直したいという方もいらっしゃると思います。

ホームセンターで購入できる補修キットをご紹介します。

 

ホームセンターで買える補修キット


<キズなおしま専科 (ハウスボックス)>

フローリングを補修できる「キズなおしま専科」。

床暖房のフローリングもOKです。補修に必要な道具類が全てセットになっているので、とても便利です。

色は、ライトとダークの2種類から選べます。

◇使い方

  1. 補修キットの中から、補修したいの床の色と合ったクレヨンを取り出します。
  2. 電動コテを電源につないで準備。コテやコテ台も同梱されています。
  3. いよいよキズが付いた床部分に、コテでクレヨンやクリアースティックを溶かして塗っていきます。慎重に少しずつキズに塗っていき穴を埋めていきましょう。木目が残っている凹みキズの場合は、クリアースティックを使います。
  4. 耐熱保護材を塗ります。これは、熱いコテを使うので、既存の床を保護するためです。
  5. 電動コテを使って平らにします。余分なクレヨンを取り除き、ペンで木目を書き足したら、付属のスチームウォールで擦ります。
  6. 完成

いかがだったでしょうか?初めての場合は、目立ちにくいところから補修してくださいね。

詳しい補修方法は、ハウスボックスのHPで動画で紹介されていますので、こちらをご覧ください。⇒『キズなおしま専科』補修動画

 

今回は1つの補修キットをご紹介しましたが、これ以外にも色々な補修キットがあります。キズの状態に応じた補修キットを選んでいきましょう。手先が器用ではない!と言う方でも簡単にできますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

小さなキズは補修できますが、きしみや反り、汚れが目立つようになってきたらフローリングの張り替えを検討する時期です。フローリング張替えのリフォームをお考えの場合は、ダイコウへご相談ください♪

2019年08月30日 | カテゴリー: リフォーム・塗り替え豆知識
1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス