メニュー

施工中カテゴリー 屋根工事 | 地元で創業50年。口コミ・紹介も多い、安心リフォームのダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

リフォーム施工中
(屋根工事)

とても傷んでいましたが、これで安心です♪ 屋根葺き替え・外壁塗装工事 綾瀬市

2016年11月8日

以前リフォームをさせていただいたお客様のご実家のリフォームです。
先に浴室と洗面所・給湯器の工事を行い、その後今回の屋根と外壁のリフォームを行いました。
ご予算もあるのと、工事の方法や材料の種類も各種あるので、ご相談しながら打ち合わせを進めていきました。

施工前

cimg7063

外観写真です。屋根が傷んでいるのが一目で分かります。
cimg7088 cimg7089

屋根に上ってみると、瓦が割れています。これではまずいですね。
補修しようにもこの屋根材はもう生産されていないので難しい・・・、
それとご覧の通りに屋根材もかなり傷んでいるので葺き替えることにしました。
耐震性UPのためにも、軽い屋根材をご希望です。
各種の屋根材のサンプルの中から今回使用のガルバリウム鋼板の屋根材をお選びいただきました。
ちなみに軽い屋根材に変えるだけで、家の耐震数値はUPします。
cimg7094

ベランダのデッキ材も反っているので交換します。
屋根を葺き替えるときに、このベランダの脱着を行うのでその時に交換します。
cimg7111 cimg7152

木部は塗膜が剥がれています。また、壁を手で触るとチョーキング現象もおきています。
屋根の工事と一緒に外壁塗装も行います。

施工中

dsc_0879

ベランダの取り外しを行いました。取り外したベランダは屋根葺き替えが終了したら再取付します。
cimg0002 cimg0003 cimg0008 cimg0014

屋根を一枚一枚撤去していきます。この日は総勢7人で一気に屋根を下します。
晴れの日を狙って工事します。かなりの量の屋根が材が出ます。
産業廃棄物としてトラックで処理場に持っていきます。

cimg0004 cimg0005

屋根材を撤去してみると、下地の板(野地板)も雨で傷んでボロボロです。
野地板もしっかり新たに施工します。

cimg0015 cimg0018

野地板を施工したら、写真では緑色の防水シートを全面に貼ります。
ここまで来たら雨が降っても大丈夫です。
その上に、屋根材を葺いて完成します。
今回はガルバリウム鋼板のシンプルなものを葺いています。とても軽いです。

施工後

cimg0003 cimg0004

屋根葺き替え終了しました♪ 壁との取り合い部分もうまく納まっています。

cimg0001

ベランダの床材も交換です。キレイです♪
dsc_090300

その後の外壁塗装も終了です。
施工前の写真と比べても一新されたのが良くわかります。

お客様も完成後、外観を見てとても喜ばれていました。
雨が続いたりと工期が掛かり、ご近所様にもご迷惑をお掛けしましたが
無事何事もなく完成です。
こうも一新し、またお客様にも喜ばれると、こちらもとても嬉しいですね♪

 

屋根も新しくなって安心♪ 座間市 屋根工事・外壁塗装他 U様邸

2016年10月12日

屋根がベランダから見ると、割れているとのことでご相談がありました。
以前、内装のリフォームをさせていただいた方からのご相談です。
屋根を上って見てみると・・・。

%e6%97%a2%e5%ad%98%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90  
既存の様子
いたるところに屋根の割れが発生しています。

101029_1011   101029_1014
こちらもストレート瓦が割れています。
このまま放っておくと、雨漏りの恐れがあります。

各種のご説明や打ち合わせの後、屋根の重ね葺きを行うことになりました。
同時に雨戸の交換や外壁塗装工事を行います。

重ね葺きは、既存の屋根を剥がさずに上に新しい屋根材を葺く工事のことをいいます。
屋根をはがす手間や処分代が掛からないので費用が抑えられます。
主に既存の屋根がスレート屋根(コロニアル)の場合に行います。

屋根材や既存の傷み具合等で重ね葺きが出来ない場合がありますので
現地調査が必要になります。

今回も現地調査の上、屋根の下地のベニア(野地板)がしっかりしているため、
重ね葺きをおすすめしました。

 

%e8%b6%b3%e5%a0%b4%e3%82%92%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82

工事開始です。

最初に仮設足場を組みます。
足場を確保するため,養生のために行います。
できれば、足場を組むなら屋根と外壁の工事一緒に行うと、
費用が2度手間にならずに良いです。

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%81%ae%e6%9d%90%e6%96%99%e3%81%8c%e7%b4%8d%e5%93%81%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82%e9%98%b2%e6%b0%b4%e7%b4%99%e3%82%84%e9%8b%bc%e6%9d%bf%e3%81%ae%e5%b1%8b
屋根の材料が納品されました。
防水紙や鋼板の屋根材が置いてあります。かなりの量になります。

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%81%b8%e8%b3%87%e6%9d%90%e3%82%92%e3%81%af%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%ae%e9%9b%bb%e5%8b%95%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%a7%e8%8d%b7%e6%8f%9a%e3%81%92%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99
2階の屋根へ納品された資材を電動リフトで荷揚げします。
電動だと便利ですね。

 

%e6%97%a2%e5%ad%98%e3%81%ae%e5%8f%a4%e3%81%84%e9%9b%a8%e6%88%b8%e3%82%92%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82
既存の古い雨戸を今回は交換します。
雨戸が木製ですべりが悪く、傷んでいるのでアルミ製に交換します。
全部の雨戸を交換します。

%e9%9b%a8%e6%88%b8%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%be%8c %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-%e9%9b%a8%e6%88%b8%e4%ba%a4%e6%8f%9b%e5%be%8c
雨戸交換後。
雨戸周りはこの後、左官工事でモルタル補修します。

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%a7%8b%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82
屋根工事始まりました。
まずは棟の板金部分を撤去しています。

%e9%8b%bc%e6%9d%bf%e8%91%ba%e3%81%8d%e7%b5%82%e4%ba%86%e2%91%a1 %e9%8b%bc%e6%9d%bf%e8%91%ba%e3%81%8d%e7%b5%82%e4%ba%86
鋼板葺き終了
今回は屋根材をガルバリウム鋼板材の横段タイプのもので施工しました。
とても軽いので、家の負担が少なくて済みます。

ダイコウショールームにも屋根材の実物サンプルが揃っていますので、
重さや形状をご確認できます。

ご検討の方はご来店いただくかお電話いただくと良いです。

 

%e5%ae%8c%e6%88%90
その後、外壁塗装工事を行って、
完成です♪

家の外観は一新!
屋根・壁・雨戸が新しくなりました。
違う家みたい、とお客様もお喜びでした♪

 

地震が怖いので屋根を軽くしたい! 海老名市

2016年06月17日

海老名市浜田町の方から、
約40年くらいの屋根の工事のご依頼がありました。
地震が多いので、屋根を軽くしたいというご希望です。

今まで、何度かダイコウでリフォーム工事をさせていただいており、
今回もご相談いただきました。
ありがたいことです。
しっかり対応させていただきます。

瓦屋根には、和瓦とセメント瓦などがあります。
今回の屋根はセメント瓦の屋根でした。

現地調査で屋根に上ってみると、傷みや割れが数ケ所みられました。

DSC_0124
谷の部分にはサビがあります。

1DSC_0121 DSC_0122

DSC_0133
数枚瓦を取り、野地板の確認をします。
野地板の桟木(さんぎ)に瓦同士をひっかけているだけなのですね。
これだと大きな地震が来ると、ズレて瓦が下に落ちてしまいます。

重い瓦屋根は、地震での被害も心配です。
老朽化で割れ、風化、欠損などがみられ、
屋根を葺き替えることにしました。

 

 

本日は天気が良いので、いっきに屋根から瓦を下します。(6月2日)
雨を考慮し、一日で瓦を下すので、職人さんが総出です。

DSC_0174 DSC_0175
瓦を一気にはがします。ホコリも出るので近隣の方々にもご挨拶をしてから行います。

DSC_0179 DSC_0181
瓦は専用の機械で下ろします。これなら楽ですね。

DSC_0177 DSC_0176
トラックいっぱいになってきました。相当な量になります。
この処分費もバカになりません。
特に、古い屋根材にはアスベストが含まれている場合があり、処分費が割高になります。

DSC_0182
作業終了まで約2週間です。

CIMG7018 CIMG7019
既存の野地板に、もう一枚野地板を重ね貼りします。
野地板が頑丈になった上に、防水シートを張ります。(写真↑)

瓦を下してから、一日でここまで作業しました。
防水シートを張ったら、雨が降っても大丈夫です。
あとは安心して作業を進められます。

CIMG7017

新しい屋根材が搬入されました。
前の瓦より、半分の重さです。

 

本日、雨の為、作業は中止しています。(6月7日)

 

梅雨の晴れ間、作業開始です。

CIMG7043  CIMG7044
軒先(下の瓦)から設置していきます。
今回採用した屋根材はケイミューのルーガ雅という屋根材を葺きました
地震に強く,台風にも強く、衝撃にも強いという優れものです。
一般のスレート瓦に比べ、美観性も良いです。
各種の屋根材の中から選んでいただきました。

CIMG7046  CIMG7053

CIMG7054
一つ一つの瓦を釘等で固定します。
これなら、ちょっとやそっとではビクともしません。

 

CIMG7055  CIMG7052
作業開始から10日間。完成です。
これで、梅雨の雨も安心ですね。

DSC_0124 CIMG7048
作業前                    作業後
お客様もこれなら安心!とお喜びでした。

 

 

 

1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス