リフォーム・塗り替え豆知識 | 海老名・綾瀬・座間市のリフォーム会社|ダイコウ

リフォーム・外壁・屋根・増改築 有限会社ダイコウ

海老名市のリフォーム会社 ダイコウ
1968年(昭和43年)創業
住所:神奈川県海老名市国分寺台1-18-32
TEL:046-231-0033 / FAX:046-231-8189
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:毎週月曜日・第2日曜日

お急ぎの方は今すぐお電話下さい!フリーダイヤル0120-312-633
相談・見積り無料!!お問い合わせはこちら

リフォーム・塗り替え豆知識

火災保険で修理ができます①

2016年12月8日

知っておいても損はない!
火事にあっていなくても、火災保険は使えます!

ここのところ多い台風。
または大雨だったり、異常な天候等もあったり。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

ご存じない方も多いと思いますが、
自然災害による住宅の損害については、多くの場合、
加入している火災保険等で補償されます。

雪災、ひょう、台風、暴風など。

建物を建てる際に火災保険に加入する方は多いと思います。
『火災保険』となっているので気づきにくいのですが、
この火災保険は意外と補償範囲が広くなっています。

次のような自然災害にも保険が使える場合があります。

1 台風
2 突風
3 竜巻
4 落雷
5 水害
6 ひょう
7 盗難

これらの自然災害によって屋根に修理が必要になった場合、
火災保険の適用になりやすいです。

気をつけなければいけないのが「老朽化」には対応していないことです。
基本的には自然災害で家屋に損害が出た場合は火災保険にて修理を行うことができる可能性があります。

例えば台風や竜巻で瓦が破損した場合は、
火災保険を使ってリフォームすることができます。

また、火災保険に「雪災」補償がついていれば、
雪による被害を補償できます。

例えば、
・屋根や窓ガラスが台風や雪の重みで壊れた
・隣家からの落雪で自宅の壁や塀が壊れた
・カーポート(車庫)、物置などが風雨や雪等で壊れた
・雨樋やアンテナなどが大雪によって壊れた
・給湯器、室外機が大雪のせいで故障した

※カーポート(車庫)や物置などは契約内容によって補償対象外になっている場合があります。

しかし、火災保険を使ってリフォームする場合は注意する点もありますので
一度、ご自分の入っている火災保険の補償範囲や内容を確認されることをオススメします。

弊社にも、提携先保険代理店がありますので、
ご不明点などございましたらご連絡ください。
0120-312-633

詳しくは弊社の火災保険の専用ページもありますので、こちらもご覧ください。

火災保険リフォームLP:(有)ダイコウ 

訪問販売に気を付けてください

2016年10月16日

自分の家はどの程度傷んでいるのだろう?・・・。
なかなか、ご自宅の屋根や外壁の傷み具合をご自身で確認できないものです。
それにつけ込み、訪問販売など飛び込み営業も多いのも事実です。

「近くで工事してるのですが・・・」というのをきっかけに、
(実際は近くで工事なんかしていないと思います・・・)

「お宅の屋根や壁は傷んでいるよ! 早く直さないと危険だよ!」と
不安を煽(あお)り立てられ、
「今日契約すれば、金額も安くして工事もすぐ行いますよ!」…。

本当に傷んでいたのかも分からないまま強引に契約を迫られる。
(これらの実際の事例資料があります。興味のある方へは差し上げています。)
(実際には傷んでいないケースがほとんどです。)

だったら、事前に自宅の傷み具合が自分で分かっていたとしたら?
・・・少しは抵抗してまぬがれることができるのでは?

そのためにも、ダイコウでは屋根や外壁の劣化診断を行っています。
はしごを掛けて屋根の実際の傷み具合を点検しています。(無料)

突然来た業者に言われて不安な方はご相談ください。

 

余談・・・

しかし、今までお客様から訪問業者から指摘されて、「心配なので見て欲しい・・・」と
何件相談されたことか。(2~3件ではありません)

一応確認に見に行くと何も問題がない場合がほとんど。

ひどい業者になると、屋根に上って降りてきたら、ポケットからおもむろに傷んでいる
端材を取り出し、
「傷んでいましたよ」と。
(もちろんそれは嘘)

この間は、ダイコウで屋根を葺き替えたばっかりの家に来て、
「屋根が傷んでますよ」と。
これも数回あります。
手当たり次第に言っているのでしょう。

呆れてものが言えません。

でも、どんなに問題が無くてもいきなり来て、
「傷んでいますよ!」と強く言われれば心配になるもの。

そして、それが本当かどうか自分で屋根に上って確認できれば良いですが、
実際は確認はかなり難しい・・・。
業者もそこが狙い目です。

十分気を付けてください。

 

『増改築等工事証明書』をお作りします。

2016年02月28日

『増改築等工事証明書』をお作りします。

 

リフォーム工事の減税制度などを申請する時に、
各種の申請書が必要になります。

その中に、『増改築等工事証明書』という書類が必要になる場合があります。

この証明書は、有資格者がいないと作成できないのですが、
ダイコウでリフォーム工事をされた方には、この『増改築等工事証明書』を
無料でお作りしています。

必要な方はご連絡ください。

 

また、他社でリフォーム工事を行った場合に、その会社に有資格者がおらず、
『増改築等工事証明書』の発行ができない場合があります。

その場合は、弊社で有料にて『増改築等工事証明書』の発行を承っておりますので、
ご相談ください。
(税別20,000円で作成いたします)

※投資型減税(バリアフリー工事)のみ証明書を作成いたします。

 

『他社でリフォーム工事を行った場合に必要なもの』

1.工事請負契約書及び領収書(振込み控え可)のコピー

2.図面(工事前と工事後)又は 写真(工事前と工事後)

3.工事費内訳明細書のコピー

 

もし、工事の資料(図面や写真等)が無い場合,不明の場合は現地確認いたします。
その場合は、別途ご相談ください。
(海老名市・座間市・綾瀬市・厚木市・大和市・寒川町等の近郊地域)

 

その他の詳細事項は、税務署等に確認をお願い致します。

ちなみに神奈川県の各税務署の管轄地域は下記になります。

 

大和税務署…海老名市・大和市・座間市・綾瀬市
(046-262-9411)

厚木税務署…厚木市・愛甲郡
(046-221-3261)

相模原税務署…相模原
(042-756-8211)

平塚税務署…平塚市・秦野市・伊勢原市・中郡
(0463-22-1400)

藤沢税務署…藤沢市・茅ヶ崎市・高座郡
(0466-22-2141)

管轄地域の詳細はこちらでご覧いただけます。
https://www.nta.go.jp/tokyo/guide/zeimusho/kanagawa.htm

レイアウトを考える

2014年04月6日

004_20

キッチンの「I型」「L型」といったレイアウトを考えましょう。

キッチンのレイアウトを決めるポイントは、「部屋の大きさや配置」「キッチン周りの構造や動線」「コスト」の3つです。
配置や構造上、キッチンの場所を変えられない場合は、基本的に同じレイアウトのキッチンを選ぶことになります。
キッチンの価格は、同じ間口の場合、L型よりI型の方が安くなりますので、コストが厳しい場合には、I型がオススメです。

間口がコンパクトな場合、L型キッチンの方が効率よく調理スペースを確保できます。
空間の広さは、間口の広さと奥行で決まります。
間口が広い場合→I型、
間口は狭いが奥行がとれる場合→L型にすると、納まりがよくなるでしょう。
さらに、調理中の動線を考えて、「シンク」「加熱調理器」「冷蔵庫」などをどのように並べるかも重要です。

キッチンの高さを確認する

2014年04月6日

004_3-thumb-200x142-1292「キッチンが低いので、長時間立つと腰が痛い…」、「キッチンが高すぎて、腕が疲れる」等、
キッチンの高さに関する不満は多いようです。
一般的にキッチンの高さは、80cm、85cm、90cmの3種類で、メーカーによってはもっと多くの種類があります。
比較的「85cm」のものが多く選ばれ、一般的に使いやすい高さは「身長÷2+5cm」が目安と言われます。

しかし、背が低くても少し高めが作業しやすい、という方もいらっしゃいますし、あるいは子どもと一緒にキッチンに立ちたいので少し低めにした、という場合もあります。ですから、自分たちのスタイルに合わせてキッチンの高さを決めると良いでしょう。

004_4-thumb-200x151-1294また、シンクとコンロのどちらを基準にするかも大事なポイントです。コンロを丁度良い高さにすれば、シンクは若干低く感じます。ただ、コンロの方が力を使う作業が多く、高さがあると調理がつらくなることもありますから、迷った時にはコンロを基準にして高さを決めるとよいでしょう。

また、ショールームで実際に立ってみて、比較しながら決めるのがオススメです。その時はヒールのある靴は脱いでスリッパにはきかえるなど、実際に料理をする状況を想定して確認するようにしましょう。

冬でも暖かく快適に

2014年04月5日

002_1-thumb-200x245-1279浴室の事故で多いのがヒートショックによるものです。ヒートショックとは、温度差によっておこる急激な体調変化のことで、寒くて震えたり、心臓がドキっとしたりする現象です。
ヒートショックは血圧や脈拍が急上昇するため、身体に大きな負担がかかり、お年寄りでは死亡事故につながるケースもあるのです。

特に冬に多い事故なので、浴室リフォームの際には、浴室と洗面所を暖かく保ち、温度差をなくす工夫をしましょう。

暖房機能が付いた浴室乾燥機なら取り付けが簡単ですし、床暖房が使える給湯器もあります。洗面所側は、ファンヒーターが使えるように、足元にコンセントを取り付けておくと便利です。

手すりを付けて安全に

2014年04月5日

001_2-thumb-200x176-1273手すりが無いと、立ち上がる時にペーパーホルダーやタオル掛けをつかみ、事故の原因に繋がります。

ペーパーホルダーでは身体を支えきれません。立ったり座ったりする時に危険のないよう、必ずトイレ用の手すりを取り付けておきましょう。

ただし、トイレが狭い場合は、身動きするのにかえって手すりが邪魔になることも。そんな時は、普段は折りたたんでしまっておけるタイプの手すりを取り付けておくと便利です。

トイレの入口は出入りしやすく

2014年04月5日

001_1トイレの扉は、狭い廊下から入ることを考えて、幅が狭く作られていることも多くあります。つまり、年を取った時にスムーズな出入りが難しくなる可能性があるのです。

トイレリフォームの際には、ドアの形を見直し、できれば引き戸にしましょう。比較的簡単に引戸に工事するやり方があります。

またドアだけでなく、敷居などの段差は無くし、ドア前のスペースも広めに取っておきましょう。将来、人に支えられたり、車椅子で出入りをする時に動きやすくなります。

壁材や床材を工夫

2014年04月5日

001_3-thumb-200x198-1275トイレはいつも清潔が一番です。常にきれいな状態が保てるよう、掃除がしやすい便器、建材を選んでリフォームしましょう。
汚れが溜まらないフチなし形状の便器、汚れが付きにくい便器など、お手入れのしやすい便器が各メーカーからたくさん出ていますので、比べてみましょう。

また、トイレをリフォームする際、特に注意したいのが床材です。
塗装のない床板や通常のフローリング材では、すぐシミができたり変色してしまいます。床をフローリング張りにするなら、アンモニアや薬品に強いタイプを選びましょう。強化ウレタン仕上げのコルク材、クッションフロア、トイレ専用のタイルなどもオススメです。

壁材には壁紙や珪藻土などの機能性壁材を使うと、消臭や調湿機能を発揮してくれるのでトイレが快適になります。

トイレ収納はスペースや掃除のことも考えてリフォームしましょう

2014年04月5日

001_4-thumb-200x226-1277トイレは意外と小物が多く、掃除用具、トイレットペーパー、衛生用品などの収納スペースが必要です。
しかし、ただでさえ狭いトイレ、不用意に収納ボックスを取り付けると、トイレを使う時や掃除のジャマになってしまうことがあります。

その小物はいつ使うのか、使用する体勢や頻度をよく考え、壁の厚みを利用した収納スペースなど、それぞれにあった収納を選び、狭くても効率のいいトイレ収納にしましょう。

 

トイレリフォームの時に、一緒に収納も考えてリフォームすると、使いやすく見栄えも良い収納にできます。

ダイコウで施工した、リフォームならではのスリムなトイレ収納をご紹介します。

 

トイレ収納のリフォーム事例

 

トイレ収納リフォーム例

便器の奥に白いキャビネットを設置している例です。タンクも奥のキャビネット内にあるので見えません。
ペーパー類もキャビネット内に収納できます。

スッキリするので、見栄えがいいですし、掃除も楽になりますね。

 

手洗い器の下が収納になっている例です。

壁に少し埋め込んでいるので、でっぱりが少なく動作の邪魔になりにくいですね。
すっきりしていて、使いやすいトイレに仕上がっています。

こちらの棚は、体を支えることができる耐荷重のある棚を設置しています。立ち座りをサポートしてくれるので、詳細に備えて設置される方が多くいらっしゃいます。

 

手洗い器の下が収納になっていて、さらに奥にも収納を設置しています。トイレの空間が広い場合は、収納も多くできますね。
材質が統一しているので、空間にまとまりがでて、すっきりみせることができます。

 


 

トイレ収納のリフォーム例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

トイレリフォームの時は、同時にできる収納についてもしっかり検討して、使いやすい空間にしましょう。

1分でダイコウの動画紹介!
資料請求
お問い合わせ・お見積り
TV・マスコミでもお馴染みの会社です。テレビ東京『日曜ビッグスペシャル』リフォームの特番に出演しました。
TOTOリモデルクラブ全国第4位の実績
リフォームの流れ
保証・アフターサービス